純胡椒 新物解禁

三竹さんのあまっ娘野菜セット

ご家庭で手軽に石焼き芋を楽しめる♪

「ファーマーズ&キッズフェスタ2016」に行ってきました

直売テント

ファーマーズ&キッズフェスタは今年で第7回となる、都会の子供たちと農業をつなぐイベント。農業法人協会が中心となり、日比谷公園にて年一回開催されています。今年は、12月10・11日の2日間開催されています。

農家の台所のお取引農家さんも出展されているということもあり、ご挨拶として遊びに行ってきました。

会場は、軽食や直売中心のブースと、農業や野菜とふれあう体験型のブースに分かれています。

ホクレンさん 試食会

10日のみの限定出展、ホクレンさんがじゃがいもの大試食会を開催。
どのブースも長い行列だったので、外観のみの写真撮影。

午前中から混雑していましたが、13時過ぎころには行列は比較的短くなっていました。

こだわりの黒豚

やっぱりお肉は人気ですね。焦げた油の香りの誘惑がすごい。

焼きとうもろこし(ファームかずと) 焼きとうもろこし(ファームかずと)

取引農家の、ファームかずとさん(長野県)。

独自技術で保存したトウモロコシを焼きとうもろこしに。醤油の焦げた香りに引き付けられます。

たまごボーロ(ひよこさんちの直売所)

平飼いたまごをつくられている ひよこさんちの直売所。

優しい味わいのたまごボーロに一目ぼれしておもわず購入。

飲食スペース

飲食会場では、食事用の簡易的なスペースが確保されているので、落ち着いて食べることもできます。

農機試乗

子供たちが喜んでいたのが、大型農業機械の試乗体験。

続いて、体験型のブースに移動。

ベジタブルフラワー

取引農家の れんこん3兄弟(茨城県)さんのブースではベジフルフラワー作りができます。

ちょっとずつたくさんの野菜に触れて、最後に食べることもできる教育ツールとして野菜を活用。

このほか、ミニ動物園など様々な体験型ブースが出展しています。

来場されるお客様に新し体験や農業に触れあってもらうというのが主目的ですが、出店している農家さんにも貴重な経験となります。

群馬県では、次世代の農業者育成事業のカリキュラムの一つとしてこのイベントに出店。直売イベントのノウハウを学ぶばとしても機能しています。

黄色いトマトジュース

お取引農家の根岸さんのイエローミニトマトをつかったジュース。

下仁田ねぎ味噌

これもすごい美味しいよ!と一緒に紹介された、下仁田ねぎ味噌。

内容量と同じ量の下仁田ねぎをつかって作られていて、濃厚なねぎの風味と甘みが味噌に深みを与えていて、なめ味噌としてお酒のおつまみに最高。

 会場の周囲でも、軽トラックを使った直売をしていました。

安曇野りんごやさん(準備中)

安曇野りんご屋さん(準備中) 来年から独立するそうで、お師匠さんのリンゴを販売。

台風の影響で今年は購入をあきらめていた加熱調理用のりんご グラニースミス をみて思わず絶叫。加熱すると簡単に煮崩れてジャムのようになる、酸味がしっかりしたリンゴ。

ネバリスター(アグレス)

一般的な長いもの2倍ねばりが強いというネバリスター。

お取引農家 アグレス(長野県)さんの出店。1本では大きすぎるという方に、折った計量販売にも対応。

各地のゆるキャラが会場内を動き回り、ステージでショーやライブが開催されるなど、丸一日楽しむことができました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。