純胡椒 新物解禁

三竹さんのあまっ娘野菜セット

ご家庭で手軽に石焼き芋を楽しめる♪

お取引農家 射手矢農園さんの「射手矢農園収穫祭2017」に参加してきました

泉州キャベツ 松波

射手矢農園のファンが集う年に一度の収穫祭

今週の月曜日、2月27日に大阪府泉佐野市の射手矢農園さんで開催された「射手矢農園収穫祭2007」に参加してきました。

射手矢農園さんは大阪を代表するといっても過言ではない農家さん。地元泉州地域のブランド野菜である「泉州キャベツ」・「泉州たまねぎ」と稲作を軸にした経営をされています。人情味に厚く、アニキ肌なキャラクターもあって射手矢さんを慕う周辺地域の農家さんや取引をしている飲食店さんなど、つながりのある人たちが多く参加し、申込人数の多さから開始時間を急遽1時間前倒ししてのスタートとなりました。

収穫祭のメイン作物は「泉州キャベツ」。
ひと株ごとの間隔を広めに取り、ゆったりと大きく育てます。そして収穫後に冷蔵処理を行うことで甘味と旨味をぐっと引き出しています。この工夫によって引き出された味わいは大阪名物お好み焼きにピッタリ。粉をベースに作られる料理の愛好家団体「日本コナモン協会」から正式な認定を受けたキャベツでもあります。

こだわりのモツを使ったもつ鍋 崔家の健美鍋さん2

会場は作業倉庫 取引のある飲食店が出店

収穫祭の内容は、泉州キャベツを取引している飲食店さん特製メニューの試食会、近隣農家さんの野菜・加工品販売、泉州キャベツの収獲体験の3部構成。

射手矢農園収穫祭 受付

開場とともに一気に人だかり。

泉州キャベツを活かした、趣向を凝らした料理が並びます。

射手矢農園収穫祭2017 会場

開場30分後には場内はほぼ満員に。

親交のある農家さんの即売会

泉州キャベツの収穫体験

ひと通りの食事を済ませたころ、DJハッシーから呼び出しの声。

DJハッシーがイベントを盛り上げます

「番号1番から50番までの方~。収穫体験の準備ができたから外に集まって~。」

畑が混乱しないように人数制限をかけながら順番に収穫へ。

泉州キャベツ 彩音 混雑しないようグループに分けて収獲体験

キャベツの収獲体験

入場受付で渡された袋に入るだけ収穫してOK!というのだけが唯一のルール。

生産者 射手矢さんから収穫方法のレクチャーを受けて畑に入ります。

射手矢さんと新宿店市川

レストラン農家の台所 新宿3丁目店の市川と射手矢さん。記念の2ショット写真。

さすがに遠距離持って帰るのは大変なので、気持ち小さめのサイズを選びました。

平日開催にもかかわらず200名を超える参加者数で大賑わい。今年の泉州キャベツの出荷も終盤となってきましたが、寒さにあたったキャベツの味わいはこれからがピーク。

是非、レストラン農家の台所でご堪能ください。

 

WEBSHOPでの通信販売も行っています。

収穫祭の開催を記念して、3月14日(火)まで20%OFFの大サービス価格で販売。ずっしり大玉の泉州キャベツは食べごたえ抜群です!

http://webshop.noukanodaidokoro.com/shopdetail/000000000335/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。